タイのビザについて

 

ビザ(査証)は、タイ国に入国する前にあらかじめ日本、シンガポール、マレーシアなどタイ国外にあるタイ国大使館や領事館で申請・取得する、入国のための推薦状となります。

 

それぞれの大使館・領事館が定めた必要書類を提出し、入国目的にあった入国ビザを入手致します。スタンプもしくはシールの形で交付となります。

滞在ビザの種類と滞在許可(2015年12月現在)

ノービザ(NO VISA/ ビザなし入国

日本人が短期の観光や飛行機の乗り換えなどを目的に空路でタイ国に入国する場合に使用されます。

※入国時残存6ヶ月以上有効なパスポートを所持している事。

※帰国もしくはタイ国から次の国に向かう航空券を持っている事。

・入国時にもらえる滞在許可日数・・・最長30日間まで

・タイ入国後の滞在延長・・・最長30日間まで可能

 

観光ビザ(TOURIST VISA

観光目的で1回の滞在日数が30日を超える場合に取得します。ノービザ滞在30日で足りない長期旅行者が利用します。

※入国時残存6ヶ月以上有効なパスポートを所持している事。

※帰国もしくはタイ国から次の国に向かう航空券を持っている事。

・入国時にもらえる滞在許可日数・・・最長60日間まで

・タイ入国後の滞在延長・・・最長30日間まで可能

 

ノンイミグラントビザ(NON-IMMIGRANT VISA/ 短期

入国目的によって、更に13種類のカテゴリーがあり、主なものは以下の通りです。

≪ カテゴリー B ≫

B』はBUSINESS(ビジネス)のBです。駐在員など就業を目的に入国する場合、あるいは商用で来タイする場合に使用します。ただし、このビザで入国しても労働許可証(ワークパーミット)を取得しないで働けば不法就労となりますのでご注意ください。

入国時にもらえる滞在許可日数・・・最長90日間まで

タイ入国後の滞在延長・・・原則として最長1年間可能。その後1年毎に更新・延長が可能。

 

≪ カテゴリー O ≫

O』はOTHER(他)のOです。主に駐在員の家族がタイ国で駐在員(世帯主)と同居する場合に使用します。

入国時にもらえる滞在許可日数・・・最長90日間まで

タイ入国後の滞在延長・・・原則として世帯主と同じ期間の滞在許可が取得可能です。

 

≪ カテゴリー ED ≫

ED』はEDUCATION(教育)のEDです。留学やタイ語学校就学の場合に使用します。

入国時にもらえる滞在許可日数・・・最長90日間まで

タイ入国後の滞在延長・・・原則として就学許可期間迄で、最長1年間可能。その後1年毎に更新・延長が可能。語学学校は3ヶ月毎の延長。

 

ロングステイビザ(LONGSTAY VISA)=ノンイミグラントビザ O/ 長期

就業目的ではない満50歳以上の外国人のタイ国滞在優遇政策の一つであり、一年間の滞在許可を受けることができ、以降各一年毎に更新・延長ができます。

 

永住ビザ(IMMIGRANT VISA

 

タイ国での永住権であり、種々の条件が設定され、審査をパスすれば永住権を取得できます。国籍ではありませんので、法人の株を持った場合の株は外国株となり、選挙・被選挙権・土地購入権はありません。永住権を持てば永久に滞在できますが、タイ国を1年以上留守にすると無効となります。

ビザの種類と必要書類

申請条件

  ノービザ 観光ビザ

年金ビザ

Non-immigrant visa O

ロングステイビザ

Non-immigrant visa O-A

申請できる年齢制限 なし なし 60歳以上 50歳以上
滞在期間

30日

※滞在延長手続きをすれば30日延長可 

60日

※滞在延長手続きをすれば30日延長可

90日 1年
入国許可の回数 なし

シングル1回

マルチプル(制限なし)

シングル1回

マルチプル(制限なし)

マルチプル(制限なし)
更新 - 不可
申請料

-

シングル 4,500円

マルチプル 22,000円

 シングル 4,500円

マルチプル 22,000円    


マルチプル 22,000円

配偶者の申請

-

-

-

戸籍謄本/婚姻証明書と下記必要書類

でノンイミグラントビザO(その他)の申請が可

申請書類

  観光ビザ 年金ビザ ロングステイビザ

 

ビザ申請書

(公館フォーム)

原本とコピー2部
パスポート 原本(有効期間6ヶ月以上、査証欄の余白が1ページ以上あるもの)  原本(有効期間6ヶ月以上、査証欄の余白が1ページ以上あるもの)

原本(有効期間1年6ヶ月以上、査証欄の余白が1ページ以上あるもの)

 

顔写真

(縦4.5cmx横3.5cm)

1枚 1枚 4枚
航空券または航空券の予約確認書 原本とコピー3部

英文経歴書

(公館フォーム)

原本とコピー2部

英文身元保証書

(公館フォーム)

- 原本(保証人の署名入りパスポートまたは運転免許証のコピーを添付) -
英文無犯罪証明書 - - 原本
国立・公立病院発行の英文健康診断書 - 原本とコピー2部
戸籍謄本 -

-

明書

 英文預金残高証明書

 ○

(1人2万バーツ、家族の場合は4万バーツ以上を証明できるもの)

※ 原本とコピー2部

(預金が80万バーツ以上が証明できるもの)

 年金証明  -  原本とコピー1部(月6万5千バーツ以上の受給を証明できるもの)

 原本とコピー2部(月6万5千バーツ以上の受給を証明できるもの)

預金通帳と年金証明   -  -

 ※

 原本とコピー2部(合算で80万バーツ以上が確認できるもの)

※金融証明はいずれか一点

申請条件、必要書類は予告なしに変更となる場合がございます。詳細は在東京タイ王国大使館またはタイ王国大阪総領事館へご確認下さい。


ビザ申請サポート

私どもでは必要書類の準備から申請、ビザ取得までをサポート致します。

 

対象ビザ:ロングステイビザ、年金ビザ、留学ビザ